スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




-------- [--] :    スポンサー広告        [記事編集] ▲TOP▲

尾瀬ヶ原周回と至仏山

尾瀬へ涼を求め     2013/08/11(日)   天候:快晴(記録的な猛暑が続く中)
・行程:鳩待峠→尾瀬ヶ原→至仏山→鳩待峠 距離:17km 時間:10H20M(休憩、写真含む)
・最近録画して観ている【大人の山歩き】なるテレビ放映で藤岡 弘が歩いていたのを思い出し
 時期がかなりずれているが、盆休みで帰省した長男と歩いて来ました。
・異常気象で記録的な豪雨や猛暑が続き山行も一休み中であったが『涼』求め、高山植物求め
 前回六月に二人で歩いた(鳩待峠~大清水)がコースを鳩待峠~尾瀬ヶ原~至仏山に変えて歩いて来ました。
・尾瀬保護団体のブログを確認すれば、花も在りそうです。鳩待~山の鼻間に熊の出没が多いらしい
 鈴用意、May Jの曲を録音したポータブルプレーヤー+大音量携帯スピーカー用意 万全用意完了
・戸倉の第一駐車場はほぼ満車状態・・・前日からの泊まり客多そう?一番の乗り合いバスでSTART
 帰りに第二駐車場確認したがほぼ満車状況でした。
早朝の尾瀬ヶ原  涼しい最高 朝靄一面幻想的な白黒の世界です。草花も朝露をまとい輝いています。
 コンデジカメラ:S100のシャッターを歩きながら押してきました。
IMG_0042.jpg


IMGP2827.jpg
何点か大きくなります。『朝靄のなかで』
写真クイックしてみてください大きい画像確認できます。

少し明るくなってきました(朝靄がとれてきました)
IMG_0078.jpg
太陽が出て景色が突如として変わります。
IMG_0084.jpg
爽やかな朝日を浴びて
IMG_0082.jpg
牛首分岐(軽装の宿泊観光客でしようか休まれてます)
IMG_0091.jpg
今は、・・・春先の撮影定点ポイントも静かです。尾瀬ヶ原の探索終われば至仏山へ向かいます。
IMG_0116.jpg
カルガモの親子がお出迎え・・・観ていると和みます。
IMG_0118.jpg
思い出の場所で記念撮影
・人生何があるか解らない・・・病気でどん底の私は此の場所で数時間滞在した時を思い出す。
 辛く、先の見えない病だったがこの地で前向きに考え治癒していった感謝の場所で必ず訪れます。
 信仰心のなき私ですが此処では必ず手を合わせ感謝してしまいます。
・目的の感謝の気持ちを置いて・・・湿原(尾瀬ヶ原周回)を探索し至仏山へ

IMG_0112.jpg
山の鼻 湿原周回(オーミングアップ)を終え山の鼻に戻って来ました。
・山の鼻ビジターへ『ヤマネ』発見の記念書の発行を求めたが尾瀬沼ビジターで発行とのこと。
 ここ山の鼻ビジターでは『オコジョ』は発行しているとのこと・・・残念
 発見されたら記念に上記ビジターセンターで発行して頂くとよいと思います。
・至仏山登山口に向かうと草むらの中でピーピー鳴いていたツバメの子供
 自然がよいのだが可愛そうで巣の近くの親が発見しやすい場所に移動してあげましたが・・・
 親が気がついてくれればよいが
IMG_0135.jpg
迷子のツバメ(巣から60m位離れた草むらの中)
IMG_0136.jpg
さて・・・ギアーチェンジして標高差約820m(強)に向かいます。
見本園と至仏山登山口との分岐 鳩待峠からの至仏山登山者が先に行きます。
IMG_0139.jpg
登山口 登山カードは左側にポスト有り
IMG_0142.jpg
森林限界までは階段の急登 下ってくる登山者???
・体調不良で引き返すとのこと。暑さで森林限界過ぎたあたりで辛かったのでしょう。
IMG_0147.jpg
森林限界の標識通過し後方を観れば『尾瀬ヶ原と燧が岳』
・早朝周回してきた尾瀬ヶ原が一望できます。ハイカーも肉眼確認出来ます。
IMG_0157.jpg
いよいよ現れ始めます。やっかいな『蛇紋岩』黒々とよく磨かれてます。
IMG_0182.jpg
足を置きたい石はピカピカですね皆同じ石を踏み登っているのでしょう。滑るので注意要する。
・いました計画犯 高山植物の写真を撮るふりして下山してきます。私たちが近づくと背を向けて撮影
 通り過ぎると私達を観ながら下山
 40から50歳代の単独二名(男女各一名)マナー守れない登山者・・・残念です。
蛇紋岩
至仏山山頂間近 帽子は持参したが汗だくでバンダナにしたが森林限界を過ぎて日差しが強く後頭部はたまらない
水分を補給しながらもう少しで小至仏山が見えてきて一安心・・・暑い・・・とにかく暑い
P1020114.jpg
至仏山山頂到着 順番待ちして一枚 鳩待峠からの登山者で大賑わいです。
・バーナー使えそうな場所を探し昼食(丁度正午)
・山頂北側の場所をゲット(とても涼しい風が吹いていて汗も止まり快適)
・左膝の捻挫で加圧タイツで歩いて来ましたが此はなかなか良い効果在りますね。
 普段は湿布と医者からのサポーターでがっちり固定しているのだが加圧タイツはなかなかいける。
 何とか17km位歩き通せましたが膝捻挫で下りの階段はさすがに痛みがありました。  
至仏山頂
山頂周辺の様子 昼食とコーヒー&デザート食べて下山します。

小至仏山へ 右側の山は小笠ヶ岳・笠ヶ岳 一番奥は武尊山
小至仏山へ
至仏山と小至仏山の鞍部にて至仏山を振り返る。
小至仏山へ2
小至仏山到着 運が良ければ360度眺望出来る。小休止して下山
小至仏山へ3
鳩待峠へ向けて下山 笠ヶ岳分岐経由(今年は標識が新しくなりました)
蛇紋岩の大きな岩を数カ所越えれば木道を下るのみ
小至仏山下山1
尾瀬ヶ原と燧が岳を眺めて・・・コバイケイソウは当たり年で沢山
小至仏山下山2
至仏山と小至仏山に別れを・・・
小至仏山下山3
鳩待峠に無事到着
小至仏山下山4
出会った花々 沢山咲いてましたがシーズンは過ぎてます。
 後日時間を取り追加します。
IMG_0189.jpg
後書き
・息子と写真撮影勉強中であれこれ構図を変えて多数撮ったのはよいが
 写真撮影枚数多すぎて選定出来ず行程順に適当に何枚か並べてみました。
 息子600枚強 私400枚強 撮りすぎですね
 感性の乏しい私は数撮れば中には良いのもと思っていましたが
 写真選びが大変・・・面倒で選ばず行程順にランダムに抜き取り投稿
  やっぱり100枚以内が私らしい。(無精な私には)
 多くの時間を使い撮影し多くの時間を使い選定・・・
  私には出来ません・・・選ぶ良い写真が無いのが大きな要因だからです。


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-08-11 [日] :    尾瀬・日光 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

 /\/\安 常 処 順/\/\  




記事・リンク・検索


プルダウン 降 順 昇 順 年 別

09月 |2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


≪★≪≪≪≪≪☆≫≫≫≫≫★≫



全 記 事 表 示


山域・山名別索引

ブログ開始前山行記録―非登載

お気に入りブログ


---参考閲覧させて頂いております---

山行データが豊富/正確で写真が素晴らしい

奥利根の山々のデータと写真が凄い




-----時々参加させてもらいます。-----

気象情報(みなかみ町)

現 在 時 刻


関東週間天気予報




群馬の雨雲の動き


プロフィール


とっしゃん

Author:とっしゃん


・大きな病気をしてしまい健康管理の為
 25年ぶりに始めた里山散歩記録。
 山々の美しさ、健康に感謝して・・・
 時には頑張ってメジャーな山へ
・写真撮影勉強中・・撮影枚数と感性が・
 残念ながら極端に乏しい様です。

ブロとも申請フォーム


とっしゃんブログ友達になる

メール(管理者のみ閲覧)






来訪者数


どうぞ、またのお越しを

QR コード

QR

今日は?


四 字 熟 語

文字クイックで次へ


カーソルONで読みと意味表示

私も愛用 此からは必須

虫除けはやっぱりハッカ油100%
汗の脱臭・余ったらお風呂で清涼感を!!
■虫除けはこれ

高度計付時計・・・良さそう


当方使用 スントオールブラックは電池が短命 私のオールブラックと変わらない

広  告


無理せず楽しい山行を!!

ホームページへ戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ 
///無理のない計画・安全装備・健康管理///
    マナーを守り楽しい山行

・余裕を持った計画・行動を心掛ける。
・季節に合った服装・装備の点検。
・地図・コンパスは持参しましょう。

オヤジ応援団

Mayj.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。