谷川岳へ

谷川岳へ   2013/07/06(SAT)  天候:曇り 
・天気予報では午前中晴れ間も???⇒青空は此の写真のオキの耳上部だけでした。
 直に塞がってしまい曇り空(覚悟の山行)
・明日7月7日は山開き、天気予報も今日と同等・・・では混まないうちに山行しよう。
 ☆予想外の展開、ものすごい登山者に驚き!・・・列での登山でしたが山ガール多過ぎ・・・
 色とりどりのファッションに、久々に山でなくとも目の保養ができました。

お断わり
 写真は勉強中なのですが天候悪くコンデジを持参F2.0で明るいレンズなんですが
 天候には勝てません全体的に暗いですが補正していません。

オキとトマ  多くの登山者で山頂周辺では休憩場所が有りません。
 山で知り合った山ガール3名と場所探し・・・バーナー使える場所発見(かなり風が強いので大変)
 (今回の定義 山ガール=20代 残念ながらブログ写真許可NG)      カメラ:S100        

トマからオキ
20130706谷川2
オキからトマ
20130706谷川3
お花とお山さん
①肩の小屋手前ガレ場階段付近
P1000870.jpg
②肩の小屋前
tanigawa1.jpg
③オキの耳手前(昨年は少なかった様なコバイ君、あちらこちら真っ白く咲いていました)
tanigawa2.jpg
谷川連峰最高峰 仙の倉山へと続く稜線 遠くに苗場山
20130706-1.jpg
赤城山 左右に日光白根山・子持山 
20130706-2.jpg
東京方面を望む  左:赤城山 右:榛名山  手前左:三峰山 右:吾妻耶山
20130706-3.jpg
燧ヶ岳・至仏山 尾瀬の山々 手前は白毛門山 <写真クイックで拡大しないと下記内容確認出来ず>
 天候で良く撮れてませんが奥中央の▲の山 笠ケ岳(至仏山の隣)は高山植物の宝庫です。
 個人的には至仏山より多くの花々が《今・いま・イマ》良いと思っています。
 笠ケ岳は今が旬です。至仏山と合わせて山行してみてください。
20130706-4.jpg
一緒にわいわいがやがや登った仲間5人組  日本語ぺらぺらの外人さん《楽しい仲間でした》
 許可:済(OK頂いてます)
20130706谷川
山頂の様子  次から次へとおびただしい数の登山者
20130706谷川3
出会った花々
右下:タテヤマリンドウひっそりとあちらこちらに落ち着いた気分になります。
左上:イブキジャコウソウ一面に咲いてました。
谷川3-05
カラマツソウが素晴らしい沢山咲いてます。
谷川5-04
ウサギギクが黄色で目立ちます。
谷川4-03
ミネウスユキソウ岩の間に沢山咲いてました。
谷川1-02
ハクサンチドリ・コザクラが登山道の道しるべでした。
谷川2-01
この中間(一ノ倉岳降ったあたり)で谷川馬蹄形の強者と合う。 此処まで9時間弱とのこと・・・
 装備は非常時の為のツエルトと食糧・水・・・写真は要所のみとしたらしいがそれにしても早い
 ザックにぶら下がっていたヘッドライトが何ともカッコイイ 夜中2時頃の出発だったのでしょう。
 まだまだ足取りは良い・・日帰りを実行する人は凄いですね。後はちょっとした鎖場で谷川です。
 この時間であればロープウエイ使わず下山するのであろう。
 私がやるのであれば当然途中泊です。普通の人は真似は出来ません。 
谷川5-5
後書き
・ハイドレーションシステムを付けた小さいザックの2名が逆谷川馬蹄形とのことだが
 走って追い抜いていきました。世の中凄い人がいるものだと思いながら
 私と云えば、大粒の汗をかいてヒィーヒィー言いながら歩いて来ました。
 日本海から太平洋までアルプスの山々を走り通すのを毎年テレビで観るが
 その為の練習なのだろうか?笑顔の余裕がそんな思いを抱かせる。

・帰りに前を歩いていた若いカップルの女性が補助ロープの所で踏み外し転倒
 ロープにつかまりながら下まで岩場転落し足負傷しばらく様子を聞きながら
 見守っていたが男性が大丈夫とのことで私は下山しましたが・・・辛そうだったので心配

・下山始めると凄く暑くて参りました。これだったらガスの中の方がましです。
 虫(ブヨ)は今回気になりませんでしたがトンボが多く飛び交い夏山到来と云う感じ
 トンボが虫を食べてくれているのですかね。


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-07-06 [土] :    谷川・三国・武尊 トラックバック : [0] :    コメント :[2] :     [記事編集] ▲TOP▲
コメントの投稿
非公開コメント

谷川岳
こんばんは

今まで花のイメージがありませんでしたが、谷川岳も季節にはこれだけ咲くのですね。
最近は秋に行ったくらいなので、来年は花期を調べて行ってみます。
中でも、万太郎山方面をバックにしたコバイケイソウの2コマがいいですね。
2013-07-14 17:41 : ふさじろう URL : 編集
最近多々忙しくお返事遅くなりました。
 谷川も紅葉だけでなく多くの高山植物を此の時期は観察出来ます。
 ランの種類も多いですよ(写真白い花)花目当ての山行と思って
 登らないとなかなか眺望はガスで望めません。
 私の行いが悪いせいかもしれませんが(笑)
今年は例年になくコバイケイソウが大当たりで
 山肌を白く染めるほどで久々の群生を観られました。
 紅葉時期も登山者多いのですが、谷川の山開き前後も
 大賑わいです。
2013-07-19 05:33 : ふさじろう様へ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

 /\/\安 常 処 順/\/\  




記事・リンク・検索


プルダウン 降 順 昇 順 年 別

01月 |2017年03月| 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


≪★≪≪≪≪≪☆≫≫≫≫≫★≫



全 記 事 表 示


山域・山名別索引

ブログ開始前山行記録―非登載

お気に入りブログ


---参考閲覧させて頂いております---

山行データが豊富/正確で写真が素晴らしい

奥利根の山々のデータと写真が凄い




-----時々参加させてもらいます。-----

気象情報(みなかみ町)

現 在 時 刻


関東週間天気予報




群馬の雨雲の動き


プロフィール


とっしゃん

Author:とっしゃん


・大きな病気をしてしまい健康管理の為
 25年ぶりに始めた里山散歩記録。
 山々の美しさ、健康に感謝して・・・
 時には頑張ってメジャーな山へ
・写真撮影勉強中・・撮影枚数と感性が・
 残念ながら極端に乏しい様です。

ブロとも申請フォーム


とっしゃんブログ友達になる

メール(管理者のみ閲覧)






来訪者数


どうぞ、またのお越しを

QR コード

QR

今日は?


四 字 熟 語

文字クイックで次へ


カーソルONで読みと意味表示

私も愛用 此からは必須

虫除けはやっぱりハッカ油100%
汗の脱臭・余ったらお風呂で清涼感を!!
■虫除けはこれ

高度計付時計・・・良さそう


当方使用 スントオールブラックは電池が短命 私のオールブラックと変わらない

広  告


無理せず楽しい山行を!!

ホームページへ戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ 
///無理のない計画・安全装備・健康管理///
    マナーを守り楽しい山行

・余裕を持った計画・行動を心掛ける。
・季節に合った服装・装備の点検。
・地図・コンパスは持参しましょう。

オヤジ応援団

Mayj.