スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




-------- [--] :    スポンサー広告        [記事編集] ▲TOP▲

あゆ解禁

暑い夏場の遊び

2013/06/30(sun) 天候:小雨のち曇り   奥利根の利根川上流---あゆ解禁日
 朝6:00花火を合図に友釣り開始が通年のルール

私は、河川の下見をしていましたが水量多く、雨続きでハミ跡も少ない(藻が流れている)
 こんな状況では成果が得られないと判断自宅待機

am6:00花火です。・・・むしが騒ぎます・・・愛犬連れて見学・・・ついでに散歩
 家の近くの支流に行ってみましたが釣り人2名釣れないとボヤキが・・・何時もの3倍の水量です。
 下見でハミ跡の多かった部分は激流で養殖囮では入りません。
 30分程愛犬の散歩をしながら観ていたが、とうとう石に腰かけてしまいました。
 ・・・内心【正解】・・・だったと思い帰宅。車好きな愛犬も満足でした。
 後でゆっくり釣らせて頂きましょう。

利根川支流(赤谷川)
ayu02-20130630.jpg
ayu01-20130630.jpg
初咲き
ayu03-20130630.jpg
ayu05-20130630.jpg
家庭菜園で自家製パンの具採取
ayu04-20130630.jpg



  

 
スポンサーサイト



バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-06-30 [日] :    アユ(鮎友釣り) トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

平標山へ

平標山(お花畑) (標高1983m)へ
 目的:チングルマ
 雨天承知で大好きなチングルマを観に『平標山』強行山行
   もう終わってしまうかと強行しましたが蕾もまだ沢山有りました。
チングルマ

山行日:2013/06/20(THU)  天候:雨
コース:概略>平元新道登山道⇒山頂⇒松手山登山道
内容:平標山登山口駐車場⇒平標山の家⇒平標山頂⇒お花畑⇒松手山分岐⇒送電線鉄塔⇒駐車場

目 的:チングルマ
 ・群馬県側は曇りでしたが三国トンネルを越えると雨(早朝6時頃)
  しばらく車で様子をみるが止みそうにありません。後続のハイカーが雨合羽を着て出発、
  自分も準備して出かける事にするがコースを何方にするか思案する。
  雨の為、松手山方向は滑るであろう。(補助ロープ沢山有る部分は急な所多く足場が悪い)
  小屋経由の周回とすれば帰りは天候回復し大丈夫であろうと信じ出発

お花畑の花々 ハクサンイチゲで真っ白です。(雨とガスで周りも真っ白ですがね)
・下記写真は現在のお花畑に咲いていた花々です。
・写真的には真っ暗状況で久々にISO感度を上げ、露出調整して撮影  カメラ:GF-2
お花畑の現況報告
平標山お花畑
ハクサンイチゲ (今の主役は此れです)
ハクサンイチゲ
ハクサンコザクラ 
ハクサンコザクラ
ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ
イワカガミ
イワカガミ
行程順に並べてみました
IMG_0004.jpg
平標駐車場先客4台朝(6時)
 トイレ付・駐車料金は後払い500円です。

IMG_0030.jpg
平元新道登山道です山小屋まで20分の標識
 林道終点の看板には、小屋まで60分と在り
 実際は此処まで60分掛かってしまった。
 毎年来ているが相当健脚者タイムなのか?
 本当に下の看板は正しいのか疑問です?


IMG_0048.jpg
平標山山の家到着
 山頂方向も雨模様ちょっと休憩してから出発
 小屋の山口さん(息子)から情報収集して
 
☆山バッチ・・・平標山と仙の倉山 販売
        価格:450円です。


IMG_0102.jpg
山頂到着(長い階段を登り切りました)
 雨の山頂には人影も無く後続の御夫婦のみ
 確認できた程度の視界で眺望は皆無です
 雨でも此方の木階段意外と滑らず快調


P1000678.jpg
・お花畑到着『この休息場でしばし休憩』
 山頂を通り過ぎ目的のお花畑です。
 写真は休憩し昼食した場所(右ベンチ)
 お花畑は此の手前から続く

・30分いたが仙の倉山からは2名だけでした
 避難小屋泊で長靴が昨日からの靴だと笑って
 通過していきました
  ※この写真も大変(雨、暗い、濃霧が強力)


P1000810.jpg
下山開始――松手山方向に下山
 お花畑で堪能し山頂を通過、視界悪い
 気持ち良い稜線をくだります。
 標高を下げると雨が止みガスのみ
 カメラをザックの買い物袋から取り出し
 パチリ(ガレ場の階段、下は観えません)

  
P1000833.jpg
・松手山山頂・分岐到着
 虫が大量にいて刺されてしまう
 軟膏を付け、水分補給して降ります。


P1000840.jpg
・鉄塔到着(修復工事中)
 手前から金属音がするので何だろうと
 思っていましたら鉄塔の修繕で下に2名
 上にも人が工事中ですが観えませんね
    <小粒の雨です。>


1122.jpg
・ここからが問題の場所?!?!
 鉄塔から下の登山道最悪
 懸念していた部分の登山道は小川状態
 滑る滑る泥んこになって補助ロープに
 しがみつきながら久々の【真剣モード】
 手も靴もおまけにスパッツ嫌いな私は
 ズボンも泥んこ下山疲れ果てました。

※山ツツジは両側に綺麗でしたが余裕なし


景色・眺望
 風景のないのも寂しいものですがまったくダメでした。

その他登山道脇でみつけた花々
順不動ですが小さいサイズで載せてます。
 『フォト蔵』ですので画像をクイックしてみてください。(雨で写真少ないですが・・・)



後書き
※お花畑で今回の雨にはまいりました。
 大粒の雨と霧の様なものが混在し愛用の遠近両用メガネ何度拭いても小さな水滴が付いてしまい
 曇りガラスの様になってしまう。それも1分もたたない内にです。
 最初は丁寧にティシュで拭いていたが途中で指先最後は裸眼で撮影・・・こんな事初めてです。
 漫画ではありませんがメガネワイパーが欲しい様な感じです。
・コース設定の甘さ・・・ほとんどの方は来た道を帰って行きましたが
  同じ道を帰るの嫌いなタイプでツルツル泥んこの洗礼を受けてしまいました。
・雨の中 お花畑の様子 ハクサンイチゲの中にチングルマが咲いていましが
  少し遅かったのと雨に打たれて悲惨なものも多い。もちろん蕾も沢山ありました。
  ハクサンイチゲはまずまずですかね
・防水カメラではないので帰宅後ドライヤーで乾かす程の雨、あたりは暗いし撮影は最悪
  おまけに防水ケースも無くコンビニ袋に入れてザックの中に入れて時々出してパチリ


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-06-20 [木] :    谷川・三国・武尊 トラックバック : [0] :    コメント :[3] :     [記事編集] ▲TOP▲

赤城山へ

赤城山(長七郎山)と小沼周回ハイキング 2013/06/09(日) 天候:晴れ
-----本日の目的は家族で『つつじ』鑑賞-----
山行概要
アクセス:赤城北面道路(大型バイク多し注意)
コース :小沼駐車場⇒長七郎山⇒小沼⇒小沼駐車場
タイム :2時間30分(愛犬の散歩を兼ねてのんびり探索)昼食含む
同行者 :妻、三男坊(愛犬ミニダックス)
必須物 :三男坊用セブン(7)フランクフルト1本
全体状況:小沼駐車場:満車(路上駐車多)団体バス多数
     ビジター駐車場他各登山口駐車場満車(赤城山は大賑わい)
眺望 報告まで(今日は、私たちはどうでもよかったので)
・昨日雨で期待もせず谷川岳・武尊山・白根山・皇海山・袈裟丸山はなんとか
 前橋や高崎の街はダメでした当然南西方向の山々はダメです。
 <高崎の気温は31.7℃ 真夏日だったそうです。>
目的探索ポイント
・赤城山では、標高順に下からアカヤシオ→シロヤシオ→ムラサキヤシオと分布する。
 ヤマツツジは全域に分布してますが標高、日当たり具合でバラツキがみられるであろう。
・場所をどこにするか上記を考慮し長七郎山周辺に決め山行
・残念ながらアカヤシオは遅かったですが他は満足のいく状況です。(下記写真参照下さい)
☆多々つつじは満喫でき、牧場方面のつつじは混雑の為、パス致しましたが正解です。☆

小沼から駒・黒檜山 林の中の登山道も良いが特に湖畔はとても涼しい
・最近逆さに?にはまってまして一枚 逆さびろくいや黒檜山です。  カメラ:GF-2
akagi06-20130609.jpg
オヤツ・昼食・飲み物・フランク持って出発 駐車場から道路を渡れば・・・いいぞ
akagi06-20130610.jpg
愛妻と三男坊頑張ってます。 日陰を選んで・・・7のフランクフルト持ってきたよ!ガンバレ!!
akagi01-20130610.jpg
目的のツツジ
レンゲツツジ満開 日当たりの良い所は満開日陰は2~3分咲
akagi01-20130609.jpg
山頂付近のレンゲアップ
akagi02-20130610.jpg
ヤマツツジ満開 林の中は満開 日当たりの良い場所は色あせて終わりかな・・・
akagi03-20130609.jpg
林の中はヤマツツジの競演
akagi04-20130610.jpg
シロヤシオ満開 どこも満開状態
akagi02-20130609.jpg
五葉ツツジ満開(シロヤシオ) 特に巨木は圧巻でした。
akagi04-20130609.jpg
ムラサキヤシオ(ミヤマツツジ)満開 場所なのでしょうか一番バラツキがありました。
akagi05-20130609.jpg
おまけ(目的外)
眺望 前橋・高崎の街並みは⇒もや・もやです。県庁舎すら確認出来なかった。
akagi03-20130610.jpg
長七郎山から小沼の散策路 林間学校です『なが~い列』待ちます。(千葉県柏の小学5年生)
人生の交差点? いやいやこれ程の小学生観るの久々です。
 あまり長いので元気な『こんにちは』に応えながら考えてしまいます。
 我々人生半ばをとうに過ぎ長七郎から降る待ち人・・・元気にあいさつし登って行く未来を背負う子供達
 我々も彼らの勢いと元気を貰い、自然にパワーを貰って頑張ろう(心の中で)
P1000637mmm.jpg


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-06-09 [日] :    赤城・足尾・東毛 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

三国山へ

三国山へ  2013/06/08(土) 天候:雨のちガスのち晴れ

 ・朝起きると雨でがっかり、NHK『あまちゃん』観て外を観れば晴れ間が出ています。
  早速リンク先の三国トンネルの駐車場をライブカメラで確認すれば多くの車です
  雨のようですが行ってみますか。
 ・何時もの遅出ちょい歩き当然ガスで観えませんので三国山ピストンで
  往復2時間20分(適当写真+山頂休憩含む)三角山・大源太?行きません
  稜線も見えないの行く気になりません。とっとと下山し帰宅
  8:50出発 pm1:20帰宅
 ・久々のレインスーツ・・・暑いですが山頂手前で雨がやみ、脱ぎ捨てて快調
  実際はかなり寒くガスの流れも速いのでシラネアオイは揺れ揺れ・・風の合間にパチリ

三国山頂 (標高1,636m) 登山者多数山頂で休憩 この後全員雨具脱ぐ  カメラ:S100
20130608142844c16_20130609050654.jpg
三国山頂手前のガレ場で天然シラネアオイ満開 風と雨でうな垂れぎみです
20130608142842491_20130609050652.jpg
シラネアオイ自生地(標高1600m付近)からガレ場の階段
・ガスガスで階段が一瞬観えた時にパチリ当然山々の眺望は×
P1000561.jpg
登る時の天国への階段(ガレ場ガスガス) ちょびっと小雨 標高1550m付近
・この木階段天気が良いと青空へ向かって階段が続いて観える。(勝手に『天国への階段』と呼んでいる)
・階段は雨で滑るかと注意して登りましたが一気に登りきれました。
 傾斜が強く昨年は途中何度も足を止めたが体力着いたのかな?
三国ガレ場階段
三国山と稲包山間の鞍部に三国峠 御坂三社神社(三国権現避難小屋)登り時『雨』
・三国権現(三坂神社)は、弥彦、赤城、諏訪の三明神を合祀したもの
mikuni.jpg
ヤシオは満開 雨で相当たたかれて一部花落下
mikuni_1.jpg
レンゲはまだ蕾 赤城でも行ってみますか? 
mikuni_2.jpg
お花畑 キスゲはまだ先
mikuni_3.jpg
よく見ると・・・
mikuni_7.jpg
下山時の三国峠
・お花畑の下まで来ると晴れてくる。稲包山への登山道が観えてくる
・戦国時代に整備され江戸時代は佐渡島への主要道路とされていたと聞く
 現在は国道17号三国トンネル 危険物を積んだトラックはこちらを通る
・この峠の近郊は送電線の鉄塔が多く考え深い
mikuni_4.jpg
三国山の現況報告は以上
・雨の為、防水カメラ保有してないので撮影枚数少なくご勘弁ください。
 その他、アズマイチゲ、コマクサ、アザミがまだ花を付けていませんが自生
 確認写真を撮ったのですがただの草に観えボツとしました。

国道17号 新潟から群馬へ帰ろうとすると?
・駐車場で登山靴を脱いでいると一台のチャリ?キジうち?
 話をすると下記イベントとのことトップで三国トンネル通過
 400kmを制限時間内!!! JJJ 凄いです
 話を聞いてしまえば敬意を示し帰宅道路観察
 トップは県境を越え新潟へ・・・後は降りでGO GOです。 
 最後尾?湯宿温泉辺りに数人いました・・・これから三国峠の登り・・・がんばれ
 下記リンク『AJ群馬』クイックしてみてください。
自転車400kmのイベント AJ群馬だそうです。写真・声援は法師温泉近くで
mikuni_5.jpg
赤谷湖 猿ヶ京温泉 遠くの中央に三国山 三国山を撮りたくてダムサイトへ
mikuni_6.jpg
その他
・朝方?三国山へ向かうと三国峠【群馬側】で多数の対向車・・・普通?
 いえ・・・ほとんどが外車のクラッシック車だけだったのです。
 あまりの多さに車に興味の無い私も圧巻です。間に挟まれたトラックが新鮮

この国道17号三国峠越えは関越自動車道が出来て交通量が激減し
 高速開通前は盆と正月は大渋滞で夜になってもライトの帯が続いたとは
 思えない現在、いろいろな催しがされているのでしょう(想像)

以前は、今も?ハーレー軍団が苗場に集結していましたが・・・
 多少興味有りでおびただしい数のハーレーが全国から来ていたのを思い出す。

-----遊びでも色々なことに思いをはせ頑張っている姿は感銘いたしました。-----


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-06-08 [土] :    谷川・三国・武尊 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

尾瀬へ(息子と水芭蕉鑑賞)

尾瀬(OZE)へ (鳩待峠⇒尾瀬ヶ原⇒尾瀬沼⇒大清水)  

静寂の尾瀬ヶ原 早朝6時(宿泊客や富士見登山口から次々に山の鼻へ)
oze20130601_20130602082353.jpg
山行日:2013/06/01(土)
天 候:快晴 尾瀬山の鼻到着時気温:4℃『山の鼻ビジター前設置温度計』
コース:鳩待峠→山の鼻→竜宮→見晴→白砂峠→沼尻→大江湿原→三平峠→大清水
距離 :25km 標準時間:8H30M 山行値:7H10M
結構距離が有りますが息子は平気で私を置いて行ってしまいます
    早いペースでしたが若いと平気なんですね若さには勝てません。
料金:駐車(24h)1,000円 乗り合いバス:900円 バス:大清水→駐車場:590円


多くの入山者を避け見本園はパスしました。(昨年は一周)
 全国から沢山の入山者で今年最高に多かったようです。
・第一駐車場は満車、第二駐車場も満車状態
・朝5:00オープンの尾瀬へのゲート前にはすでにバスが8台ほど
 一番の乗り合いバスではあったが相当の人々が先行してました。
・鳩待峠では入山者で地面がみえないほどで登山道には団体さんが・・・
 『環境月間』で登山口ではゴミ袋を配布し協力を呼びかけておりました。
 ペースをかなり上げて山の鼻迄に全て抜き去り静かな尾瀬をゲット出来ました。
・前日からの入山者多数で尾瀬ヶ原は大賑わい。カメラマンで定点ポイントも
 カメラだらけの異様な光景ですが、朝方至仏山に虹が掛かり綺麗だったとか・・・
 満足の写真が撮れたのでしょう。(顔がほころんでいました)
☆撮影ポイントはカメラマンの三脚が沢山あり少しフレーム外れていますが此も良しとします。
 逆さを撮ってみました。

尾瀬の風景  カメラ:K-01+標準ZOOM PENTAXOptio VS20 iPod touch(パノラマ)
§§§愛用のカメラ S100を忘れてしまい車放置の予備機(散歩お遊び)K-01で撮影§§§
至仏山
oze20130601.jpg
2013尾瀬1122
oze20130530001.jpg
燧が岳
oze20130530001-1.jpg
oze02-20130603.jpg
景鶴山 逆さ景鶴山どうでしょう? 雲もなく綺麗だったので一枚
景鶴山20130601
上田代
oze20130530001-2.jpg
此より行程順に写真並べてます
水芭蕉 尾瀬ヶ原の水芭蕉
・山の鼻近辺は丁度良い感じでしたが他はちょっと遅かった様で若干あせてみえる。
 白い部分<仏炎苞(ぶつえんほう)>が若干みずみずしさに欠け、緑の葉の成長がみられた。
 もちろん今週いっぱいは大丈夫でしょう。
注意 触らないこと。
 葉などの汁にはシュウ酸カルシウムが含まれ、肌に付くとかゆみや水ぶくれを起こすことがある。
<長芋などと同じでシュウ酸カルシウムの針が刺さりかゆくなりますよ>
・今回は雪も無く赤シボも残念状況でしたね。 
山の鼻手前20130601
牛首手前20130601
牛首20130601
竜宮20130601
白砂峠へ
見晴ベンチをお借りして初休み(美味しい水を頂き一休みして見晴の山小屋の間を進みます。)
白砂峠05-20130602
峠手前 緑と青空の下木道に雪はありませんでした。(昨年は木道解らず)
 近くで大きな獣の逃げる音がしましたが正体不明(鹿?カモシカ?熊?)
白砂峠06-20130602
天然わさび
 小さな沢が沼尻川へ落ちている一部の沢には一面わさび畑
白砂峠01-20130602
・針葉樹林(シラビソ林)に入ると全面雪で木道もこんな感じです。
白砂峠02-20130602
・白砂田代手前の下り(同行の我が家の長男 昨晩新幹線で帰省し睡眠不足と思うのだが)
白砂峠03-20130602
白砂田代 (昨年此処で踏み抜き捻挫で激痛)此処で一休み
白砂峠04-20130602
沼尻 沼尻に着けば天候:曇りです。
・天候が良ければもう少し綺麗に撮れたのですが残念・・・
沼尻到着 長蔵小屋の売店は大繁盛 (休憩の場所が無く先に進みます)
沼尻02-20130602
北岸コースを行きます。(南岸コースは雪多し)振り向いて一枚
沼尻01-20130602
大江湿原
・沼山峠(檜枝岐方向)から沢山の人々が来てます。
大江湿原04-20130602
・尾瀬ヶ原か燧が岳に向かって沢山の人 此の川の一番左のおじさんの場所で一休み
大江湿原05-20130602
目的の水芭蕉 大江湿原の水芭蕉 昨年は鹿害で全滅状態でしたが今年は捕獲作戦成功の様です。
大江湿原01-20130602
・綺麗な水芭蕉です尾瀬沼周辺が丁度良い 尾瀬沼ビジター近くは巨大化してます。
大江湿原02-20130602
・尾瀬沼ビジターから尾瀬沼山荘の間で最後の咲たて水芭蕉を満喫
三平峠05-20130602
尾瀬沼山荘 ベンチをお借りして昼食
 標準時間よりも写真を抑え早足で来たため1時間30分程度早い
 ゆっくり食事しコンロでお湯沸かし、の~んびりとコーヒータイム
 大清水登山口から次々と登山者がやってきます何処もすごいハイカー
三平峠06-20130602
尾瀬沼山荘から大清水登山口へ
三平峠への登り のんびりして出発・・・雪道となりますが昨年より全然少なく快調(涼しくて良い)
 息子撮影 後ろ姿の管理人(ブルーのザックを背負った爺さん)
三平峠07-20130602
三平峠(昨年より1mは雪少ないです)
三平峠01-20130602
大清水登山口 水場(岩清水で沢山の宿泊者とその後も山ガール沢山)
三平峠02-20130602
林道歩き 長い林道を・・・途中一ノ瀬休憩所でトマト100円補給・・・しかし長い
三平峠03-20130602
余裕の登山口 昨年のリベンジ達成 (踏み抜き0 転倒0)
・大清水の駐車場も満車でした。すごいです。
三平峠04-20130602
おまけ 鳩待峠出発時の様子
・前後共同様な感じでバスの中にはまだハイカー多数
・峠手前では乗降待ちでバスの渋滞で待たされる始末です混雑予想し計画変更
 !!!前半竜宮まではハイペースで抜き去り計画決定!!!
oze01-20130603.jpg

後書き
・何処の登山道もハイカーがすごい数で久々の賑やかな尾瀬を歩いてみましたが
 歩行ルールを守れない観光客も多くゴミ袋よりも啓発活動が必要な様に思える
 仲良し団体さんの左右木道ふさぎ走行・・・必殺おばちゃん『我が道を行く』
 『Let it be.』 ビートルズの曲を思い出してしまいました。
 ツアー会社の添乗員さん頼みますよ!!
・見晴から白砂峠に向かう時に段小屋坂付近で獣の音には驚いた。熊と思うと怖い
・同行者が長男なので話ししながら疲れも無く快適に山行できました。
・写真は多々花々はありましたが目で楽しみ目的の水芭蕉オンリーで歩いてきました。
 ※撮影に写真1枚最低でも30秒くらい掛かる(カメラを出しスイッチ入れ、生意気に構図やら露出・確認をしているとチョット本気になると1分位足を止めてしまう)何時もは130~150枚撮るとすると一枚1分で150分→2時間30分足を止める事になる。→半分としても1時間15分は止まってしまうと思うと枚数を少なく歩いてみました。(混雑考慮して)話と目で楽しんで山行致しました。
個人記録としてフォト蔵にアップしてます。画面クイックで大きく観られます(保存1600PX×1200PX)
 いつも相互リンクして頂いている方の写真をPCの壁紙にしたいと思うのですが・・・
 あまりにも素晴らしいものばかりなものですから・・・そこで私は完全フリーにしました。
 ご使用方法は勝手にどうぞ『使えるものなら使ってOK』
 壁紙になる写真も有りませんが1万枚に1枚位間違う事もあるかもしれません?
 私の場合は勝手にダウンロードして結構です。サイズは上記の大きさで保管しています。
 <好きな大きさにして下部にダウンロード表示が出ますのでポチリ>





バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-06-01 [土] :    尾瀬・日光 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲
ホーム

 /\/\安 常 処 順/\/\  




記事・リンク・検索


プルダウン 降 順 昇 順 年 別

05月 |2013年06月| 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


≪★≪≪≪≪≪☆≫≫≫≫≫★≫



全 記 事 表 示


山域・山名別索引

ブログ開始前山行記録―非登載

お気に入りブログ


---参考閲覧させて頂いております---

山行データが豊富/正確で写真が素晴らしい

奥利根の山々のデータと写真が凄い




-----時々参加させてもらいます。-----

気象情報(みなかみ町)

現 在 時 刻


関東週間天気予報




群馬の雨雲の動き


プロフィール


とっしゃん

Author:とっしゃん


・大きな病気をしてしまい健康管理の為
 25年ぶりに始めた里山散歩記録。
 山々の美しさ、健康に感謝して・・・
 時には頑張ってメジャーな山へ
・写真撮影勉強中・・撮影枚数と感性が・
 残念ながら極端に乏しい様です。

ブロとも申請フォーム


とっしゃんブログ友達になる

メール(管理者のみ閲覧)






来訪者数


どうぞ、またのお越しを

QR コード

QR

今日は?


四 字 熟 語

文字クイックで次へ


カーソルONで読みと意味表示

私も愛用 此からは必須

虫除けはやっぱりハッカ油100%
汗の脱臭・余ったらお風呂で清涼感を!!
■虫除けはこれ

高度計付時計・・・良さそう


当方使用 スントオールブラックは電池が短命 私のオールブラックと変わらない

広  告


無理せず楽しい山行を!!

ホームページへ戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ 
///無理のない計画・安全装備・健康管理///
    マナーを守り楽しい山行

・余裕を持った計画・行動を心掛ける。
・季節に合った服装・装備の点検。
・地図・コンパスは持参しましょう。

オヤジ応援団

Mayj.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。