スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




-------- [--] :    スポンサー広告        [記事編集] ▲TOP▲

草津白根山・横手山・志賀高原紅葉見学も濃霧

草津白根・志賀高原が紅葉見ごろとの情報
 
我が家は快晴です現地の天候も調べず思い付きで出かけるとこの通りです。
 ☆お出かけ前に白根山ライブカメラ白根山天気予報を確認してからどうぞ

 天候:濃霧
    群馬側ゴンドラ駅から濃霧で一番良い部分は紅葉見学出来ません。
    長野側は比較的少ないが時間経過と共にガスに覆われてしまいました。
 ・自宅から片道2時間行ってみました。(一般道利用 中之条→草津経由)
 ・草津白根山は何度も登っているので横手山山頂観光を兼ねてみました。(リフト使用 往復700円)
 ・天候期待してドライブに愛犬(山・車好き)連れてOKな横手山をコースに入れたのですが
  天候はガスガスで妙高山がかろうじて確認できた程度でした。
・・・・・最近はガスに恵まれ良い写真も撮れません(あしからず)・・・・・

紅葉概略
 ・群馬県側はゴンドラ駅付近から赤や黄色の低木広葉樹が色ずいてガスがなければ最高
 ・長野県側は針葉樹と白樺主体の山容の為、黄色と緑が主体で物足りなさを感じてしまう。
時期が早い紅葉見学としてドライブなのでこんなもんでしょう。

情報
 ・かなりの混雑で駐車場は満車状況(湯釜下・駐車料金410円)
 ・各撮影ポイントはアマチュアカメラマンの三脚だらけで駐車困難
 ・交通状況 私の様なジジババの運転が多くカーブ多く道幅があまりなく
  渋滞がしばしば→安全過ぎる運転者が多くイライラ運転していたが
  あまりの多さに笑ってしまいました。
  安全運転 安全運転 車には紅葉マーク 車もお山も紅葉一色
  今度の連休も凄いでしょうね。時間に余裕をもって通り過ぎる位の気持ちで
  行くのが良いでしょう。停めたい場合は早めの出発で道路脇の小さな駐車場を
  確保する必要がある様に思えました。
  
ドライブなのでこんなのも
 八ッ場ダム近くの【道の駅】足湯も有ります。ヤマザキショップも併設
yannba mitinoeki

群馬側の紅葉
 ゴンドラ駅付近からが良い(ガスガスですが)色付きは赤・黄色バランスが良い低木
 車をゴンドラ駐車場にすてて紅葉は遊歩道が良いと考えますが・・・
群馬側紅葉
 
峠の様子
 葉が落ちて付近の紅葉は終わりです。オオカメの実を眺めながら群馬と長野を出たり入ったりしながら
 横手山に向かうが大量のガスのお出迎え・・・
峠の場面

長野県側の紅葉① ガスの隙間をパチリ
4_20131010225107b74.jpg
長野県側の紅葉② もう一枚パチリ
3_201310102251050c5.jpg
横手山山頂
 大変な思いで登って来ました(乗ってきました)
 ガスの為愛犬のまゆ毛や私の少ない髪は水滴が付き白髪状態・・・向いガス・・・寒い寒い
 薄でのウエア―持参したが寒いのなんの・・・現地でも貸してくれます。
2_201310102251099be.jpg
妙高山(他アルプスの山々はNG) チョッピリ期待してましたが本当にちょっぴりです。
 長野市辺りは一日雲が蓋をしていました。晴れていれば最高なんですが…軽食とって移動します。
1_2013101022510859c.jpg

時間的にまだ大丈夫・・・
 長野側を進んでみます。 この下の湿原で紅葉探索しないで妻と愛犬の写真撮影会を行いUタ~ン
湯気が
地面から湯が沸き出ていましたが溢れないので不思議・・・温くて足湯にもなりません
温泉が
付近の紅葉 黄色に染まっていましたが赤が無く寂しい
紅葉と青空
田ノ原湿原で三男坊と遊んで帰ります。
 山好きな我が家の三男坊ご機嫌で木道歩き、この辺は快晴で草紅葉鑑賞中
 可愛い三男坊の撮影会も終え・・・ガスの中に突入しましょう。
tanoharasitugen.jpg 
 群馬側の工事区間 ガスは強力で此の写真は良い方です3台前のテールランプが確認できません
群馬側 工事中
後書き
 ・ここの紅葉は山歩きが出来なくなってからでいいな~(感動が薄い)
 ・直線で急にブレーキ、カーブでは止るような速度センターラインを頻繁にオーバーする。
  こんな運転をする方が多くて驚いた。反応が遅いのかカーブの『はみ出し』が頻繁で怖いです。
  こんな紅葉マークの付いた車の後を草津の街まで・・・延々と よけてくれません大渋滞
  はっきり言って免許返納すべき車が前に2台家族も心配でしょう危険過ぎます。
・・・汗を流し登って出会った紅葉がやっぱり感動ものですね。・・・



スポンサーサイト



バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2013-10-10 [木] :    志賀・草津・四阿山・浅間 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

草津白根山へ

草津白根山へ 【日本百名山】   -2012.07.10-   天候:曇り時々晴れ

コマクサを観に
ヤマレコをチェックすると第一弾、草津白根山コマクサ情報が入りました。
家族ハイキングに行こう。コマクサ沢山・・・沢山咲いてます。
参加メンバー:妻と山好き三男坊11歳
コース:白根レストハウス⇒逢ノ峰⇒ロープウエイ山頂駅⇒本白根コース
    シャトルバス使用せず・・・リフト使わず散策
時間を気にせずの~んびりと・・・
逢ノ峰から湯釜 火山活動が活発の為、現在は写真右側からのルートは禁止です。駐車場奥(写真左ルート)から湯釜確認のハイキングを、整備された登山道です。
湯釜
本白根山最高点の様子 平日なのに・・・ものすごい人が・・・最高点方向のコマクサは諦めます。白のコマクサもカメラ野郎の独占であろう?
12時です。中央火口の展望所でコマクサを目の前に昼食とお湯を沸かしコーヒータイム 三男坊のご機嫌タイム・・・息子も歩き回りご機嫌・・・
10分後は団体さんやら中学生のハイキング団体の大食堂・・・歩くのも声を掛けて・・・仲間は楽しい
草津白根山頂
本命・コマクサ 沢山咲いてます。フルサイズ一眼のオヤジが沢山ウンチク語りながら歩道に三脚・・・カメラの自慢か腕の自慢か良く解らないが邪魔です。登山道の渋滞緩和を・・・写真好きも度を過ぎると周りが観えない様だ・・・せめて三脚設置したままの状況はいただけません・・・何枚か歩きながら撮影し目で楽しむ
コマクサ
コマクサ2
ワタスゲ これほどの群生は・・・真っ白です破損してない上等な状況のワタスゲです。
草津白根ワタスゲ
ワタスゲ
親子が沢山 弓池で子育て中
かもの親子
登山道脇に 逢ノ峰で・・・家畜かと思うほど逃げない
カモシカ

後書き

・簡単にコマクサを観れるのでここはオススメです。一株の白く咲くコマクサも良いでしょう。
・常識の無いカメラマンの多さにがっかり・・・最近のカメラ野郎はモラルが無い人が多く感ずる。カメラ は最高なのに・・・
昨年SLを撮りにみなかみの諏訪峡に架かる橋の上で怒鳴っている馬鹿なカメラ野郎がいた。下は遊歩道で観光地だ、その歩いている人に向かって『邪魔だ どけ~』厭きれました。皆さんはどの様に思いますか?
それ以来アマチュアカメラマンが集まる様な場所は避ける様になった私ですが今回の混んだ散策路に三脚を長時間設置し写真も撮らず自慢話???・・・厭きれる。また不愉快な思いを・・・




バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2012-07-10 [火] :    志賀・草津・四阿山・浅間 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

浅間連峰周辺散策と浅間山登山  湯の丸高原~高峰高原へ

浅間山系の散策と浅間山登山 -2012.6.24-  天候:曇り
START時間:AM5:30 休日は早めのスタートが望ましい。(山での渋滞回避の為)
徘徊コース:高峰ビジターC→トーミの頭→賽の河原(湯の平)→浅間山頂?→シェルター→前掛山→シェルター→Jバンド分岐→Jバンド→仙人岳→鋸岳→蛇骨岳→黒斑山→中コース分岐→高峰ビジターC
徘徊時間:9:40(写真・休憩含む)待ち時間も多く参考に成りませんが実働時間です。
徘徊距離:≒15強km
交通:23日嬬恋経由で『湯の丸高原(地蔵峠へ)』徘徊→問題発生移動『雷電くるみの里』仮眠→高峰高原(浅間山登山)→林道(ランプの宿見学)→池の平(見学)→湯の丸高原(再見学)→嬬恋経由で帰宅
天候: 天候は悪く25日の湯の丸山は諦めました。眺望は無理と判断
 レンゲツツジは2日間楽しめ満足です今回は諦めます。 
浅間山 gpxデータですの通り歩きました。体力的にも時間的にも浅間山荘からが楽なコースみたいです。
浅間山登山ルート図_p
案内板 入口で確認し出発を計画結構欲張ってみます。
案内図
浅間山と外輪山 
・浅間山腹からJバンド(外輪山)方向の登山道を観るが登山者は探す位少ない・・・不安もあるが・・
・日曜日のせいか外輪山を登る人もいたが、浅間山はもの凄い人数です。登る時は時間的に早かったので順調に行ったが下山時は大変です・・・歩み時間と待ち時間が同じ位で列の合間に駈け降りました。 
浅間山
槍・穂高連峰 天候が悪いが観えました。ラッキー
・若い頃登って感動した山・・やっぱり槍・穂高岳はカッコいい!!別格です
槍・穂高連峰
トーミの頭まで 余裕で沢山の花を楽しみながら写真撮りが忙しく先に進まない
・到着して『草すべり』を観るや言葉に成らず。急降下です・・・ガスも出てきた・・・コース替えるか考えるが計画道り進むことに、眺望も晴れていれば此処で大満足でしよう
トーミ頭迄1_p
登山道と右下写真がトーミの頭です。
②トーミの頭へ_p
『草すべり』 急降下??また登らなければ・・・
・意外と急です。下から見たら帰りは考えてしまいます・・・ホント急なんです。
・この下降道も両側は花がいっぱいです数名はカメラマンに・・・止まったままです。
草すべり_p
湯の平 平坦で気持ちいいよ~
・急降下してホットし、水分を補給してのんびりと楽しみながらやってくる浅間山腹目指す。
平坦な湯の平_p
浅間山頂上へ さあ~ イッキに行こう
・途中で何度か立休みしながら進むが、腰を下ろし休んだら負けそうだ・・・分岐までは『がんばれ~』
・浅間山下山は大変な事に団体さんが切れないよ~スゴイ団体数・・・待ちの時間がすごく多くて
・下山後駐車場にはマイクロバスやら観光バスが沢山・・・団体さんが多いわけですね
・浅間山荘登山口から登る人が一番多かった様に思える。
浅間山頂へ_p
・頂上方面はガスガスで登る人は少ないが(火口登山・・・表示有り)取り敢えず登ってみましたが何も見えず硫黄ガスの匂いを感ずるのみ、噴火を恐れ 即刻下山し、前掛山へ向かいますがやはり噴煙は確認出来ません。ガスでした。
・前掛山途中にも水蒸気?硫黄ガス?の吹き出ている個所があります。若干硫黄の匂いがするが何処からか不明?
・岩ツバメ?が沢山、スゴイスピードで飛んでますが食べ物が有るのかな?
・皆さんが休んでいたシェルターの前の平らな岩石を探し軽食を済ませて外輪山へ向けて下山します。
山頂_p
Jバンドへ 遠くからかなり長いこと気になっていました岩場の登り開始
・こちらも急な登りです高山植物が沢山花を咲かせて楽しませてくれます。
・上も下を見ても登山者は少ないのでマイペースで歩けます。
・Jバンド手前の岩場はスリル満点(50cm左は断崖絶壁・・・あ~怖い・・・ビビリながら通過)
湯の平からJバンドへ_p
蛇骨岳へ 高山植物満開の岩場を登る
・仙人岳・鋸岳でこわばる身体・・・まだまだ自分的にビビリながら登って一つ目の小ピークを、どうやら此処までで恐怖心から解放されそう
・カメラもしっかり収納して岩を手で押さえながら前進・・・真剣に登る途中にも岩の間に花が・・・
ビビリ山_p
蛇骨岳到着 やっと安心して小休止
・いやな汗を拭きとり小休止、眺望を確認するも・・・嬬恋の大きな畑が少々・・・
・水分、オヤツタイム・・・唯一後続の3名の山ガール到着(今回は浅間山荘から外輪山のみ挑戦とのこと)
・初回のシャッターマンとなり記念写真を撮ってあげる(この後、数回専属カメラマンとなることに・・・)
蛇骨岳_p
うるさい山ガールとの距離を確認 ついでに1枚
・女性も3人揃うと『うるさい』・・・いやいや・失礼 
・蛇骨岳で休憩のはず、観えないぞ『なれなれしい魔女たち』・・・手前の岩陰か?・・・黒斑山へ急ぎます。
稜線_p
黒斑山到着 此処まで来れば後は降るのみ・・・
・最後に登って来た景色を堪能し下山としよう・・・チョコ食べてタバコに着火・・やな気配が・・・
『やだ~待っててくれたの』・・・俺?・・・振り返れば魔女たち・・・シャッターか?
数十年前に妻と交わした視線以来の強い視線、しかも3人が一斉に・・・視線が合ってしまいカメラマンにイタズラで顔だけアップで撮ってあげました。さて反応はいかに???
3名の猛抗議(しわが写るだの、疲れた顔だの・・・etc)やかましい!!撮りなおしてあげたが良い表情ご機嫌です。ついでに写真撮ってもらい、ご褒美にゼリーを頂き小休止
なんとも気さくな魔女達タメグチです。こちらも『もう会いたくないな』とはき捨てて逃げる様に下山
黒斑山_p
改めて・・・ 自己責任の山を感ずる。
放送聞かなくて良かった・・・はよ下山しよう!!
・下山は中コースを降ります・・・荒れています泥んこです花は少ない樹林帯を足場を選んで・・・
下山_p
当初計画の『レンゲつつじ~』 満開観光散策のみ
・23日に湯の丸高原入りし散策し早朝に湯の丸山に登る予定だったが駐車場は翌日開催のつつじまつりで満車状態、何とか止めて車中泊のはずだったが若い人の夜遊びグループがサイドに駐車し午前2時だが話声や笑い声が・・・最悪です・・・移動します・・・雷電くるみの里へ移動此処もほぼ満車だがテント2張あり登山者と思える。トイレに行くと京都からのご夫婦、浅間山に登るとのこと。同行しませんかと言われ『はい』決まりです高峰高原から浅間山
・標高と登頂意欲が高くなって浅間山に変更・・・よって湯の丸山は翌日にと考えたが天候悪く諦めて帰宅
・池の平高原も高峰高原から林道(砂利道)を使って進むが林道閉鎖5時でギリギリ通過。散策は林道入り口に駐車し眺める程度・・・残念
・多々課題は残ったが・・・曜日と天候・・・浅間山登ったので湯の丸山はガスガスで諦められる。またいつかきますね
湯ノ丸山山腹レンゲツツジ_p
湯の丸レンゲつつじ_p

後書き
・若者は元気が良くて変更したが結果オーライでしたね十分歩けました浅間山。
・天候悪くも多くの高山植物と出会えて大満足
・槍ケ岳や穂高連峰ジイが若い頃ポスターで観て上高地から登った記憶が蘇える.
・天候が良ければ信州の多くの山々が堪能できるでしょう
・温泉も高峰高原の有名なランプの宿を考えていたが休日は駐車すら大変です。
・夕刻は虫が多く車に沢山入るので靴のみ履き替え移動(どこも今はすごいですね)
・湯の丸高原は一般観光客が多く登山者は別途考えた方が良さそう?(祭り初日のせいか?)
 真っ赤になった山は観られ満足
 弁当持参の家族ピクニックが多く人の山ですね(平日早い時間がベスト)
 じいちゃん、ばあちゃん、こども多数 鬼ごっこやら大変な騒ぎ・・・

 ソフトクリーム食べて道路脇のお地蔵さん数え、雪山讃歌のメロディーラインを通り帰宅










 


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2012-06-24 [日] :    志賀・草津・四阿山・浅間 トラックバック : [0] :    コメント :[0] :     [記事編集] ▲TOP▲

白砂山・八間山トレッキング

白砂山・八間山トレッキング 標高:白砂山2139.7m 八間山1934.5m 
 -2012.6.7- 天候:晴れのち曇り(ガスの多い天気)
徘徊コース:登山者・釣り大型車専用駐車場(シラネアオイ畑散策)→白砂山登山口→地蔵峠→広場(水場入口)→堂岩山→八間山分岐→白砂山→八間山分岐→八間山→八間山登山口→白砂山登山口→南側、湖一部散策
徘徊距離:15km+α(湖周辺散策及び移植シラネアオイ畑散策)
徘徊時間:11時間(休憩・散策時間含む・・・ハイキングは標準強でゆっくりと)
◎シラネアオイを観にAM2:10に出発(天気予報が今日のみ晴れ・・・願いを込めて出発(満天の星空です)
◎夜間ドライブも良いものだ、交通量が少ないではなく無い、普段は通り過ぎる場所も速度を落とし看板確認しながら・・・行きたい所が何か所もある。楽しいものだ・・・道路も快適であり、長野原、草津方面を今度は家族で観光ドライブをしてみたい。・・・ナビに何か所か旗を立てながら進が・・・後続車も無く・・・車速はだめだ歩く速度は色々観得る・・・本来、歩き見るのが適当なんでしょうか・・・全ての速度が上がり、流されている今
多々感じながら・・・
◎ミネザクラ・シャクナゲも観られるか楽しみに・・・

白砂山 八間山分岐で一瞬全容が・・・大好きな稜線だ美しい。誰もいない小鳥のさえずる登山道
ミネザクラも開花始めています。今年は、随分長い間サクラを・・・ソメイヨシノ~ミネザクラ迄・・・幸せ・・
白砂山
白根葵(シラネアオイ) 咲いていました群生してます。白砂山登山道は単発でしたが、八間山への登山道は群生しており満開でピタリのタイミング 目的達成・・・疲れも忘れ鑑賞
R1084252_p.jpg
ハクサンシャクナゲ 白毛門では残念でしたが、此処は蕾から満開まで観られ赤が強くとっても綺麗で大満足、一週間もすればいたるところ満開ですね。
R1084246_p.jpg
ミネザクラ 開花始まりです。チョット早い感じですが・・・また花数の少ない感じがとても好きだ・・・沢山あるから満開はシャクナゲと合わせ一週間後です。
R1084189_p.jpg
夜中の徘徊 月夜で明るい。大駐車場に車を止めてシラネアオイの畑(地元学生移植?)見物、笹が揺らぎ音を立て小鳥もさえずり始めた。ロープの張られた外側から鑑賞 夜中(4時ごろ)『じいちゃん』本当の徘徊しちゃいました。寝られるはずないですよ・・・スゴイ!!
国道405走行中多くのたぬき君が沢山徘徊してます圧巻です。両手の指では足りません。走行しながら一枚ブレテますが、一頭交通事故で・・・可哀そう。家族?が周りに3頭いました。
Book1_p.jpg
白砂山登山口周辺 到着すると先客が朝食の-準備中-イス・テーブルや卓上ガスコンロ本格的なキャンプ道具です。車を隣に止め暖かいスープと果物をいただき朝食をしながら話が弾む。水戸からだそうで明日はエビ山を攻めるそうです。全国の山を多く登りスゴイ方です。同行していただけるとのこと、いろいろ勉強させてもらおう。(あしでまといにならぬ様に緊張・・・スローで合わせてくれるとの事・・・設定時間を告げられる)
Book2_p.jpg
出発:5時30分 早朝は気持ち良い・・・快調に後を進む。(先輩リズムが違う・・・歩みが滑らかだ)
Book3_p.jpg
地蔵峠 お地蔵さんにご挨拶して
お地蔵さんの目の前になにやら?ランの種類なんでしょうか? アップしてみました。
Book4_p.jpg
小広場(水場入口) 野反湖展望良いので一枚GET
水場まで片道5分の表示・・・好奇心(行ってみます)・・・雪がいっぱいあり踏み跡無し・・・眠けざましで・・・冷たい水で顔でも洗って来よう。冷たい・・・
Book5_p.jpg
堂岩山へ向かう 小さなアップダウンと泥道と快適道を繰り返し雪が多く長い登山道へ・・・サクサクて滑る・・・軽アイゼン携帯していないので慎重に一歩一歩進むが疲れるし飽きる。(話をしながら残雪の急登山道を最後まで来たら笹藪?見落としました目印・・・藪漕ぎ右10mに登山道、やれやれ堂岩山は肥料袋の切れ端や色あせたテープが多く信用に欠く)本来取り外すべき目印だが親切に残してくれたのだから・・・?
Book6_p.jpg
堂岩山到着 尾根に着くと白砂山の全容が・・・360度展望が得られるが今日はガスガスでダメです。雪が多く木々で眺望もない、先に進み八間山分岐まで降れば雪がない。
Book7_p.jpg
ハイマツとシャクナゲ通りを降る 笹原も綺麗だ、途中の小ピークに登山道が観える。
Book8_p.jpg
2・3ピークを越えて なかなか近かずかない・・・
小ピークとはいえ侮れない・・・直登が直降が続く・・・寝不足が徐々に効いてきた
Book9_p.jpg
ハクサンシャクナゲで癒されて 雪道と濃霧に突入する。眺望が得られない中シャクナゲが目の前に綺麗です色合いが最高・・・とうとう巡り会えたぞ!!万歳気分その後、頂上手前で体調異変・・・足は大丈夫だが息苦しい・・・先輩先に行っていただき小休止、遅れるが何とか歩けそうだゆっくり頂上へ
Book10_p.jpg
白砂山 山頂 一瞬でもガスが引くのを待ち記念撮影三角点タッチ・・・ウロウロするが・・・食事の準備としよう。一瞬を逃さぬようにキョロキョロと・・・
コンロに火を付けて食事を済ませる。スープをいただき温まり30分は待つ事にする。
Book11_p.jpg
一瞬 ほんの一瞬ですが・・・しかたありません。
時間内待ったがこれだけですが・・・回復の兆しが有りません・・・下山決意
Book12_p.jpg
下山 八間山分岐目指して・・・ガス、雪道を走破。
スゴイ速さで谷底から湧いてきます。先を急いでしまいますが冷静、慎重、安全に降りきる・・・前後はもちろん真っ白です。
Book13_p.jpg
分岐から八間山へ 最初はなだらかな道が続きます。
●久々に快適な道を進むと有ります咲いていました『シラネアオイ』それも群生しています無事でよかった。
 満喫鑑賞し数点写真を撮り大満足 『大切な自然いつまでも』モラルを持って山行を願う。
Book14_p.jpg
八間山山頂 またもや記念撮影・・・ここもです。
Book15_p.jpg
八間山登山口目指し下山  降るだけだが登山道はかなり荒れています。深く掘れていて滑ります慎重に降れば車道です視界が広がります。こんなもんです。
八間山登山口駐車場にも我々と逆コースの車が2台有ります。1台は山ガール単独ですすごいですね。長時間ハイク
Book16_p.jpg

登山道でのお花 他にもありましたが好みで・・・
Book17_p.jpg
Book18_p.jpg
後書き

・今日の登山者は私たち含め6名でしたが1名はこの山でトレイランです走ります・大きな歩幅で登っています。
 話をすると富士山一周156kmに参加するので練習中だそうです。トップランナーは19時間で走りきるそうです。
―――恐るべし―――市民ランナーは2・3日睡魔に襲われながら走るそうです。私の睡魔は大した事在りませんね・・・
◎この人フルマラソンをしていたら山が好きで両方楽しんでいたがそのうち、山で走りたくなり今回参加は2回目だそうです。すごいな!!なんでそこまで長い、キツイ156キロ???

・茨城水戸の大先輩に色々と御教授頂きました。ありがとうございました早速実施致します。
 多々ご迷惑をお掛けしましたが無事登り終えとっても楽しい登山になり、感謝申し上げます。
・天候が急変致しましたが目的を達成し、満足の山行と成りました。

◎ここの管理者は自然環境 回復や保全に前向きな姿勢が強く感じとれる。
 釣りやキャンプ登山で訪れる方々もモラルを持って行動したい・・・強く感ずる。

◎軌跡はメジャーな登山道であるため省略します。

◎八ッ場ダムでの道路整備はすごいですね・・・生活環境は一変しますね
 私は多目的ダムの意味が良く解らないが・・・治水?電気?『原子力から・?(今なら)』水がめ?(夏場の?)利根川も涸れてないし、一日の最低流量は知らんが・・・政治が絡むとややこしい? 再開という事で・・・ 

仮眠なしで何とか達成、眠けが優先し尻焼温泉に寄りたかったが八ッ場ダム効果の山岳高速道なみの道路を安全運転で帰宅し、芋を2杯飲み風呂に入って即就寝


バナーリンクフリー      こちらもどうぞ    

訪問有り難う御座いました。




2012-06-07 [木] :    志賀・草津・四阿山・浅間 トラックバック : [0] :    コメント :[2] :     [記事編集] ▲TOP▲
ホーム

 /\/\安 常 処 順/\/\  




記事・リンク・検索


プルダウン 降 順 昇 順 年 別

05月 |2017年06月| 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


≪★≪≪≪≪≪☆≫≫≫≫≫★≫



全 記 事 表 示


山域・山名別索引

ブログ開始前山行記録―非登載

お気に入りブログ


---参考閲覧させて頂いております---

山行データが豊富/正確で写真が素晴らしい

奥利根の山々のデータと写真が凄い




-----時々参加させてもらいます。-----

気象情報(みなかみ町)

現 在 時 刻


関東週間天気予報




群馬の雨雲の動き


プロフィール


とっしゃん

Author:とっしゃん


・大きな病気をしてしまい健康管理の為
 25年ぶりに始めた里山散歩記録。
 山々の美しさ、健康に感謝して・・・
 時には頑張ってメジャーな山へ
・写真撮影勉強中・・撮影枚数と感性が・
 残念ながら極端に乏しい様です。

ブロとも申請フォーム


とっしゃんブログ友達になる

メール(管理者のみ閲覧)






来訪者数


どうぞ、またのお越しを

QR コード

QR

今日は?


四 字 熟 語

文字クイックで次へ


カーソルONで読みと意味表示

私も愛用 此からは必須

虫除けはやっぱりハッカ油100%
汗の脱臭・余ったらお風呂で清涼感を!!
■虫除けはこれ

高度計付時計・・・良さそう


当方使用 スントオールブラックは電池が短命 私のオールブラックと変わらない

広  告


無理せず楽しい山行を!!

ホームページへ戻る
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒ 
///無理のない計画・安全装備・健康管理///
    マナーを守り楽しい山行

・余裕を持った計画・行動を心掛ける。
・季節に合った服装・装備の点検。
・地図・コンパスは持参しましょう。

オヤジ応援団

Mayj.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。